九州電力が再生可能エネルギーの買取を制限した件

先日、太陽光発電投資ファンドを購入しました(参考記事)が、その後に「九州電力が再生可能エネルギーの買取を制限した」というニュースがでたので、ちょっと不安になりました。

が、購入元の「株式会社ゼック」より以下のメールがきたので不安が解消されました。

鹿島灘5号太陽光分譲ファンド既契約者の皆様へ

(前略)

2014年9月20日、複数の報道機関より
九州電力が再生可能エネルギーの固定価格買取制度に
基づく接続申込みの受付を九州全域で
中断する方針を固めたことが報道されました。

その後、九州電力は9月24日、正式にその発表を致しました。

九州電力 九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答保留について
九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答保留についてのプレスリリースです。

東北電力、四国電力も連系申込みの保留の範囲は小さいものの
同じような制限を設けました。
各電力会社は既に申込済みの発電施設により、
管内の電力の需給バランスが崩れることを懸念し、
いったん接続申込申請の新規受付と契約が完了していないものを
保留するということです。
これは、既に契約が完了しているものの全量買取を中断したり、
買取価格を変更したりするものではありません。

再生可能エネルギー全量買取制度は、要約すると
①経産省の設備認定の取得、及び、
②電力事業者との需給契約申込の2つが完了したものに関して、
その完了時点での買取価格で20年間固定的に
電力を買い取ることを約束する法律です。
再生可能エネルギーによる発電事業に参入している全ての事業者は、
以上の法律を背景に、設備投資と20年に渡るリターンを計算して、
当該発電事業に参入しており、そういう意味で、
国がこの法律を変更することはあり得ないものと考えております。

今回の運用は「新規の接続申請」に際して
九州、四国、東北電力で行われるものでありますが、
電力の需要家の多い当社ファンド地域を管轄している東京電力では
そもそもこの運用は存在しておりません。
しかし九州電力と同じような上記の運用が、
東電管内でなされたとしても、鹿島灘5号の発電所は
既に経産省による設備認定と東京電力に対する電力受給契約が完了しており、
発電~東京電力との連系~20年間36円での固定価格買取が
確定している案件です。

以上のことから鹿島灘5号は12月20日連系が予定されており、
九州電力と同様の事情で事業開始できないことは
あり得ないと判断しています。
ご安心いただければ幸いです。

2014年10月3日
株式会社ゼック
代表取締役 柳川勇夫

私が購入した「鹿島灘5号太陽光分譲ファンド」は総額を超える申込みがありすでに完売したとのことです。次回は12月に6号の募集をするようです。

太陽光発電
スポンサーリンク
専業投資家の投資生活雑記帳

コメント