2年半前に買った「南アフリカランド/円」…スワップ投資には要注意!


2012年4月に「南アフリカランド/円(ZAR/JPY)」を50万単位買いました。そのポジションは現在、含み損が約44万円、スワップ累計が約33万でトータルで約10万円のマイナスです。「含み損(44万円)>スワップ金利(33万円)」となってしまった典型的なスワップ投資失敗パターンです(笑)。

zarjpy

私は普段は「南アフリカランド/円」での取引はしないのですが、このときは強い上昇トレンドだったのであまり深く考えずに買ってしまいました。

当初は利益がでたらすぐに売却する予定でしたが、スワップ金利に魅力的を感じてそのまま放置してしまいました。ポジションをもったあとはしばらくは為替は順調に上昇して、一時は含み益が10万円以上になりました。しかし、ランドは値動きが激しくその後暴落してしまい、含み益が一気に含み損に変わりました。一番含み損が多かったときは、マイナス100万近くになっていました。含み益のときにさっさと売っておけばよかったのにホントにバカだなぁと思います。

スワップ金利を狙ってのトレードは要注意」です。私は証拠金に余裕があったので強制ロスカットされずに済んでいますが、少ない証拠金だと耐えられなくなり強制決済させられてしまい大きな損失になります。

最近は「ニュージーランドドル/円(NZ/円)」の金利が高いので、「NZ/円」のスワップ投資をはじめる人も多いようですが、「スワップ金利だけでなく、為替差損益を考える」ことをしないと痛い目にあいます。

現在のNZ/円の為替水準は歴史的にみても高水準な上、最近は下がる材料の方が多く出てきています。したがって、毎日スワップ金利がたまっても、為替が下がったら為替差損によりスワップ金利以上の損失になってしまいます。

「それなら外貨預金が安全では」と思うかもしれませんが、外貨預金でもFXでも為替のリスクは同じです。外貨預金は銀行の手数料がとても高いのでオススメしません。外貨預金をするならFXに預けたほうが手数料や金利の面で断然お得です。また、FXはレバレッジ1~2倍で運用すればリスクはとても低くなります。資金に余裕がある人が「外貨預金の代わりとしてFXを利用する」のは賢い選択だと思います。

【参考】:外貨預金とFXの比較

これから高金利通貨を買うとしたら、ニュージーランドドルよりも豪ドルのほうが為替リスクは低いと思います。南アフリカランドやトリコリラは金利は高いですが、値動きが激しいのでリスクはさらに高まります。最終的には自己判断でお願いします。

スポンサーリンク