杉村太蔵氏は投資家&実業家だった!「資産1億円」を告白

元衆院議員でタレント、杉村太蔵氏(35)。タイゾー氏が株で随分と利益を得ていたことは以前にご紹介しましたが(関連記事:杉村太蔵が株で2600万円の利益!)、それだけではなく、商社を立ち上げて4年間で約1億円の資産を築いたことが判明した。

杉村太蔵センセー、華麗なる転身!「バカでも資産1億円」

 元衆院議員でタレント、杉村太蔵(35)が初の著書「バカでも資産1億円:「儲け」をつかむ技術」(小学館)を10月上旬に出版することが23日、分かった。株式投資で多額の利益を上げ、商社を立ち上げて4年間で約1億円の資産を築いた。昨年は1000万円の英高級車ジャガーを購入したという“投資家&実業家”タイゾーに話を聞いた。

 衆院議員時代には「料亭に行きたい」発言などで批判を受けたタイゾーが、株式投資を行う青年実業家に転身していた。

 「国民の99%はボクをバカだと思っているかもしれませんが、その私が資産1億円となると…、それはみなさんの勇気になると思いますよ」

 東京都内でサンケイスポーツの取材に応じ、独特の目ヂカラで初の著書をアピール。2010年の参院選で落選後、元証券マンの知識を生かして株式投資を本格的に始め、昨年5月には日本各地の優良企業や商品を紹介する「杉村商事」を設立。現在では株式投資で得た4000万円を含む計1億円の資産を築き上げた。

 議員時代には「BMWを持つのが夢」との発言で物議を醸したが、会社設立と同時期に1000万円の英高級車ジャガーを購入。当時の発言について「単純に車好きなもので…」と苦笑いしつつ、ジャガー購入は「もうけの技術のひとつ」と説明した。

 証券会社の先輩に「顧客にはもうかっているようにみせること」と教わったと明かし、「外国のお客さまを空港に迎えに行く際、高級車のほうが商談が円滑に進むときがある」という。

 同書では自身の半生を振り返りながら1億円を稼いだ秘訣を公開。株式投資は落選後「妻と子供2人を養うため」に始め、「大損するという危機感を持ちながら勉強し、投資会社に愛情を持つこと」と伝授した。

 「元議員の立場を利用してのインサイダー取引は?」とジョーク交じりに質問すると、「このバカな私に情報を流す人はいないでしょう」と納得?の返答で笑わせた。

サンケイスポーツ 2014年09月24日07時03分

バカでも資産1億円:「儲け」をつかむ技術
杉村 太蔵
小学館
売り上げランキング: 3,326
芸能人投資家
スポンサーリンク
専業投資家の投資生活雑記帳

コメント