20年以上塩漬けにしていたミニ株をようやく売却!

私が株をはじめたのは大学生の頃。今から20年以上も前になります。そのころはまだネット証券が普及する前だったので、大手の証券会社である「大和証券」で口座を開きました。口座開設するためには近くの支店で手続きをする必要がありましたが、開設後は「ダイワダイレクト」というオンラインでの取引ができたので、当時としては便利でした。

今は口座開設から取引まですべてネット出来て当たり前ですが、20年前は口座開設も結構面倒でした。それでも私は中学生のころに株の存在を知って以来、株取引にずっと興味があったので、大学に入ってお金を稼いだら株取引をすると決めていました。

大学に入ってアルバイトをしましたが、月に貯金できたのは3万円程度だったので買える株は限られていました。そこで目をつけたのが「ミニ株」。ミニ株は、株を売買単元の10分の1から取引できるので、10分の1の資金量で株を買うことができます。

ミニ株の存在を知ってから早速ミニ株取引をはじめました。当時はあまり深く考えずに、自分の好きなメーカーなどの株を買って、1割位上がったら売るということをしていました。そのときは損切りをするという考えがなかったので、下がった銘柄はそのままホールドしていました。

で、20年以上も塩漬けになっていた株がありました。ここ10年以上はSBI証券などのネット証券で株取引をしているため、大和証券のHPにアクセスすることすらほとんどないので、塩漬け株の存在すら忘れていたくらいです。

現在、大和証券のHPにアクセスするのはIPO抽選申し込みのときくらいですが、そのときもIPOの画面に直行してしまい、保有銘柄には目もくれていませんでした。が、先週たまたまIPO申込みの為に大和証券のHPに行った際、保有銘柄をみたら、なんと損益がプラスになっているではありませんか。

それで、早速売却手続きをして無事売却完了!

クラリオン

クラリオン株ですが、20年以上前に425円で買いました。457円で売ったので、手数料を差し引くと約2,000円強の利益です。雀の涙程度の利益ですが、半年前は100円台で、過去には100円割れになった時期もあったので、利益が出ただけでもよかったという感じです。

ミニ株は大学生の頃にやっただけで、その後は単位株取引をしているので、ミニ株を売ったのはものすごい久々でした。普通の株式と違うのは、注文を出した翌日の売買となり、大和証券の場合は約定した日の17時過ぎにならないと約定確認ができないという点。注文したのに約定履歴に載ってこないのでおかしいと思って調べたたらこういうことでした。ミニ株は少ない資金量でできるという点ではメリットがありますが、かなり不便です。

当時買ったミニ株でいまだに保有している株がもうひとつあります。「6501日立製作所」を当時1550円で買っていました。現在の株価は800円前後なので、ほぼ半値です。1500円を回復するのはかなり難しそうですが、なくなる会社ではないのでホールド続けます。ミニ株ながら配当もつき、今年はで1年間で1000円弱の配当です。

コメント