4日で1,200万円を失った39歳サラリーマン

2016年になって1週間が過ぎましたが相場はかなりの荒れ模様です。私は為替も株も新規ではほとんど手を出しておらず静観状態です。とはいえ、保有している現物株はかなりの下げで含み益がかなり減ってしまいました(泣)。

こんな2016年のはじまりですが、すでに先物で1,200万円を失ったサラリーマンのブログが注目を浴びています。「資産1,400万円のうち、1,200万円を4日で失いました。」とプロフィールに書かれているのをみると、資産管理ができないのに先物に手を出して失敗した人の典型的なパターンのようです。

私もかつて商品先物で1,000万、為替で600万円の損失を出したことがあるので偉そうなことは言えませんが、自分なりの資産管理はしていたので、全財産の9割近くを失うという悲惨な状況は免れました。

私はこんなヘマはしないと思っていますが、それでも自分への戒めを込めて「4日で1,200万円を失った39歳サラリーマン」のブログ内容を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

4日で1,200万円を失った39歳のブログ

こちらがその方のブログです↓

プロフィールには以下のように書かれています。さらにブログの内容から早稲田大学卒、制作系の仕事をしている方のようです。いわゆるごく普通の真面目なサラリーマンですね。

東京で暮らす39歳男性が赤裸々に語るブログです。メーカー勤務15年目(転職2回)、年収550万円、昨年結婚子供無し。幸せな中産階級で育ってきましたが、社会人生活15年で貯めた資産1,400万円のうち、1,200万円を4日で失いました。

1月4日にロスカットで1,000万円の損失

1月4日に開設されたブログは「いきなり、700万円も含み損を抱えてしまった…。最悪の2016年の幕開けとなってしまった(・_;)」という文章から始まります。年末に日経225のラージに全力投球してしまったようです。

昨年から始めた日経平均先物取引。おこずかい程度で楽しんでいただけだったが、大発会はご祝儀相場で上がるものと決めつけ、昨年末に日経225を全力買い。

資金は15年間の社会人生活で貯めた1,400万円のうち1,300万円を充てた(100万円は当座の生活費として残してある)。

しがない会社員の自分にとっては、大金だ。年収550万、手取りで約400万なので、ほぼ手取り年収の3年分。それをぶちこんでしまった。。。

この時点では約700万円の含み損だったのですが、損失確定せずに結局その日のうちに強制ロスカットされて1,000万円の損失が確定してしまいました。

そのときの状況を以下のように書いています。

15年働いた貯金は1,300万円⇒300万円になってしまいました。たった1日で失ってしまったけど、せめて300万円で少しでも取り戻せたらなと思っています。

追加で株や先物はやりません。少しずつ節約して貯金するようにします。毎月、20万くらいは貯められるはずだから。また一からやり直しだけど、銀行口座に貯まっていくのを見れば少しは気分も落ち着いてくるはず。

●現在の資産
・株式口座…300万
・預金通帳…100万

(1月5日のブログより)

1月6日に再び勝負して強制ロスカット!

1,000万円の損失を確定したあとに、日経平均が爆上げしていたとの理由で再び全力勝負に出てしまいました。前日のブログに「追加で株や先物はやりません。」と誓ったのになぜ?

残った300万で全力勝負に出るというのはギャンブル以外の何ものでもないです。この感覚は私には理解できません。

最後の虎の子で勝負に出ていますが、爆下げ中。。。

このままだと、明日追証かかって退場です。

午前中までは+100万だったのですが、現在、-80万。。。

(1月6日のブログより)

そして翌日のブログには強制ロスカットされたとあるので、さらに200万円位失ったものと思われます。

ポジション量が多すぎるのと、感情的になって取引してしまたのが大きな敗因ではないかと思います。

私も過去似たようなことをした経験がありますが、失敗から多くを学んでなんとかやっています。「資金管理(ポジション量)を怠らない」と「値頃感で取引しない」というふたつのルールを守るだけでも大きな損失のリスクはかなり減らせると思います。

あと大事なのは「休むも相場」ということです。

そして勝って資金が増えたらその分を出金して証拠金をあまり増やさないこと。相場は何があるかわからないので絶対になくならない資産をを確保しておくことも重要。

スポンサーリンク