鳴り物入り「NISA」5割超が“休眠”の悲惨

「貯蓄から投資へ」の流れを推進するべく、昨年1月に鳴り物入りでスタートした少額投資非課税制度(NISA)が、2年目を迎えた。しかし、すでに開設されたNISA口座のうち、実際に投資した人の割合は半分以下にとどまる。「笛吹けど踊らず」と、証券関係者は現状を打ち明ける。激しい口座獲得合戦を繰り広げてきた証券業界だが、口座の稼働が高められないと「貯蓄から投資」も絵に描いた餅になりかねない。2年目は正念場の年になりそうだ。

■口座の稼働はわずか45%

 NISAは年間100万円までの投資なら、株式、投資信託のの売却益や配当が非課税になる制度。ただ、2年目の現在、口座の稼働率でみると決して芳しい状況とはいえない。

 「当初の想定よりも相当低いと言わざるを得ない」。日本証券業協会の稲野和利会長は1月の定例会見で、現状のNISA口座の低稼働率を認めた。日証協によると、NISAで開設した口座のうち、実際に株式や投資信託などを買った割合は昨年末時点で45.1%。スタートから1年の節目で口座の稼働率は半分に届かず、過半数の約55%が休眠口座になった計算だ。

 昨年末時点で、主要証券10社にある約406万のNISA口座のうち、利用されたのは約183万にとどまった。稲野会長は今後「60~70%の利用を目指し普及活動に取り組む」と強調している。

 稼働率が低迷する要因の一つとして、NISAスタート時の口座開設事務手続きに時間がかかりすぎたことが挙げられる。各社は口座開設の事務作業が集中し、最長3カ月程度かかる場合もあったという。

 さらに日経平均株価がNISAスタート時の1万6000円台から、1カ月足らずで一時1万4000円台に下落。出だしの株価下落は、せっかく口座を開いた投資家の心理を冷やした可能性がある。稲野会長は「申し込み時から投資するタイミングまで、環境も気持ちも変わることがある」と指摘する。(後略)
(産経新聞 3月11日(水)11時5分配信)

まあこんなものじゃないでしょうか。うちの親は株取引はまったくやりませんが、銀行の人に勧められてNISA口座を開設したと言っていました。そのような人も多いのではないでしょうか。

ただ普通に株取引をやる人だったら、年間100万円は決して多い額ではないので100万円の枠は使い切れるのではないでしょうか。私は確実に利益がでせそうな銘柄のみNISAを利用しています。去年は100万に少し満たない額でしたがほぼ使い切りました。今年はまだ半分くらい残っていますが年末までには使い切る予定です。なんだかんだ文句を言う人もいますが、NISAは投資家にとっては非常に有難い制度です。

これはNISA初心者の方にオススメの本です

最新版!  税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門
竹川 美奈子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 23,684
株式
スポンサーリンク
専業投資家の投資生活雑記帳

コメント