トルコリラの下げが止まらない(含み損50万円超え)!

トルコリラの下げが再び加速しています!!
トルコリラ円は48円台から買い下げていましたが、44円台まで入れていた指値はすべて約定してしまいました。下げの目途は44円を想定していたので、ここらへんで下げ止まってくれるといいのですが、6月の大統領選までは気が抜けません。44円以下は買いだと思いますが、下げが急速に加速する恐れがあるため、44円以下の買いは入れていません。

私は現在トルコリラ円を17万通貨保有しており、約50万円のマイナスです。含み損をかかえている間はスワップをためて気長に待つしかないです。

私は「マネースクウェア・ジャパン(M2J)」のトラリピでトルコリラ円を運用しています。

ロット数の管理がきちんとできていればそのまま放置してスワップをためていればよいので何も怖いことはありません。M2Jのトルコリラ円スワップは、1万通貨あたり90円/日です。私は現在17万通貨保有しているので、1か月のスワップ益は17万通貨×90円×30日=45,900円となります。半年保有していればスワップだけで25万円以上です。

スポンサーリンク

現在の私のトルコリラ取引状況

48円台~44円台まで買いの設定をしていましたが現在の下げですべて約定しました。現在は含み損を抱えている状況ですが、長期的に「スワップ益+含み益」で利益をあげることが目的なので、損切りをする予定はありません。定期預金に預けているような感覚です。

◆トルコリラ円約定履歴
昨年12月から開始したトルコリラ円の合計損益は+71,400円。
トルコリラ決済履歴

現在のトルコリラ円保有ポジション
17万通貨の保有で約-50万円
トルコリラ

トルコリラが魅力的な理由

金利が高いので持っているだけでお金が増える

オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカなど他の代表的高金利国と比較しても、トルコリラの金利は高い水準にあります。トルコリラなら、金利差額であるスワップ収益が大きいので、投資しているだけで高い金利収入が期待できます。

為替レートが安いので少ない資金で運用可能

現在1トルコリラ=約44円。米ドル円=約120円、豪ドル円=約90円、NZドル円=約88円となっており、トルコリラは他の人気通貨と比較して、圧倒的に安い為替レート水準です。そのため、少ない元手資金(証拠金)での運用が可能です。

為替レートがよく動く(為替差益で利益がでやすい)

2014年のトルコリラ/円は、価格が倍以上ある米ドル/円よりも大きな変動を示しています(約1.5倍)。レートがしっかり動くから、差益を狙うチャンスも広がり、効率よく利益を発生させることができます。

トルコリラ投資はM2Jの「トラリピ」がオススメ!

トラップリピートイフダン(トラリピ)とは?

トラップリピートイフダンとは、FXで使える自動売買注文方法の一つで、「マネースクウェア・ジャパン」で利用することができます。設定は簡単で、一度設定してしまえばあとはシステムが自動で取引してくれます。そのため、外出中や寝ている間でも相場に動きがあればどんどん利益が膨らみます

トルコリラは他の通貨に比べて為替がよく動くので、トラリピに向いています。

※リスク
注意点としては、相場に大暴落が起きた場合、含み損を抱えることになります。トルコリラ円は1日で1~2円も下がることもあるので証拠金に余裕を持たせておくことが重要です。証拠金さえなくならなければ含み損を抱えている間もスワップ金利が増えていくので、年利20%以上の運用も十分期待できます。

口座開設はこちらから↓
マネースクウェア・ジャパン ポケトラアプリ用

スポンサーリンク