ゴールドマン・サックス ユーロドル見通し引き下げ 1年以内に1.08ドル


米ゴールドマン・サックスがユーロドルの見通しをまたまた下方修正しました。3か月、6か月、1年の予想がそれぞれ1.14ドル、1.11ドル、1.08ドルとのことです。十分あり得る予想だと思います。

GoldmanSachs

“We are revising down our forecast further today, to 1.14, 1.11 and 1.08 in 3, 6 and 12 months (from 1.23, 1.20 and 1.15 before). We are also revising down our longer-term forecasts, bringing the end-2016 forecast to 1.00 (from 1.05) and that for end-2017 to 0.90 (from 1.00),” GS projects.

ユーロドルの見通しを「3か月以内に1.14ドル、6か月内に1.11ドル、1年以内に1.08ドル(以前予想は3か月以内に1.23ドル、6か月内に1.20ドル、1年以内に1.15ドル)」へ修正する。また、長期的予想として2016年末は1.00ドル(以前は1.05ドル)、2017年末は0.90ドル(以前は1.00ドル)に修正する。
(efxnews)

ユーロはさらに弱くなりそうなのでユーロ円も下がりそうですが、ユーロドルの戻り売りが一番やりやすいかなぁと思っています。とりあえず今のところ売るチャンスを逃して今年はユーロドルはノートレードです。

スポンサーリンク