外貨預金とFXの比較

スポンサーリンク

FXの方が外貨預金より安全

私はFXをはじめる前までは銀行で外貨預金をしていました。外貨預金は為替差損のリスクはあるものの「比較的安心」「定期預金に比べると金利が高い」などのイメージがあったのではじめました。確かに定期預金に預けておくよりは豪ドル外貨預金の方が金利はずっと高くお得ですが、FXのスワップポイント(外貨預金の金利に相当)のことを知ってしまうとFXのほうが断然メリットが大きいことに気づきました。

また、内閣府令改正により、2010年2月からFX業者の全額信託保全が義務付けられたので、私たち投資家がFX業者に預けている資産は完全に保護されます。一方、外貨預金は預金保険の対象外なので、万一銀行が破綻すれば、その金融機関の支払い能力により補償額が変化することになります。この点では外貨預金よりFXの方が安全性が高いと言えます。

FXは売買手数料が通常無料でスプレッドと呼ばれる売買レート差がありますが、1ドルあたり5銭程度と格安です。これに対して外貨預金の売買手数料は1ドルあたり1円程度もします。このほかにも「FXの方が金利が高い」「FXは24時間いつでも取引できる(土日除く)」「買い、売りどちらでも取引可能」などのメリットがたくさんあります。

FXと外貨預金を比較

下記表はフォーランドオンラインという「FX会社」と「外貨預金」を比較したものです
外貨預金とFX比較

例えば、1万豪ドルで比較すると:(税引き前価格)
外貨預金で1万豪ドルを買うのに必要な資金は800,000円(1豪ドル=80円で計算)。現在の外貨預金での豪ドルの平均金利は3~4%なので4%とすると、1年間で金利32,000円。また売買手数料を片道1円とすると、1万豪ドルを買うのに手数料10,000円、売るのにも手数料10,000円がかかり売買すると合計20,000円がかかります。したがって1年間で実際に受け取れる金利は32,000円から売買手数料20,000円を差し引いた12,000円となります。

FX口座に1万豪ドル保有するのに必要なお金(取引証拠金)は33,000円。これは外貨預金の約1/25という少額資金で外貨預金と同じ額の取引ができるということです。FXのスワップポイント(外貨預金の金利に相当)は1日あたり107円なので1年間で107円×365日=39,055円です。取引手数料は無料で、スプレッド(売買レート差)が5銭なので1万豪ドルだと500円。スプレッドが手数料に相当するのでスプレッドを差し引いた年間スワップポイントは38,555円となります。

上記をまとめると、
外貨預金:必要資金約80万円で1年後に受け取れる金利12,000円
FX:必要資金約3.5万円で毎日107円のスワップポイントがもらえる(1年間だと38,555円

為替リスクは外貨預金もFXも同じなので、少額資金で多くの金利がもらえるFX口座に預けた方が圧倒的にお得ということになりますね :mrgreen:

スワップポイントの額はFX業者によって異なります。上記で紹介した豪ドル/円の場合のスワップポイントは安い業者では50円程度しかつきません(それでも外貨預金の何倍もの金利になるのでかなりお得です)。

オススメのFX会社

外為オンライン
とにかく使いやすいのでFX取引が初めてという方には特にお勧めです。私も初めての取引は外為オンラインで今もメイン口座として使っています。スワップポイントも高く、利用者数もとても多い会社なので安心です。
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがり より:

    今までオーストラリアドルを新生銀行の定期預金で運用していましたが、FX口座で運用したほうが随分と得になることがわかりました。