専業トレーダーの生活(アルバイト編)

以前に「専業トレーダーの生活」「専業トレーダーの生活(食生活編)」というエントリーを投稿しましたが、今回は『アルバイト』について書きたいと思います。

専業トレーダーなのになんでアルバイトをやっているのか? と思われるかもしれません。専業になってから1年位はアルバイトなどしておらず完全専業でしたが、かなり暇で孤独感があったため人との接点を持つためにはじめました。

というのも私の現在のトレードの中心は中長期なので、日々忙しく画面とにらめっこしたりする必要がないのです。FXにしても株にしてもある一定基準を満たしたときのみポジション構築するので、暇なときはかなり暇です。最近がまさにそのとき。黒田バズーカ―第二弾で円安株高になって以来、一部株を売却したくらいでほとんど取引をしていません。今日久々に116円前半でドル円を少し売ったくらいです。

暇にしているとついつい無駄にポジションをもってしまう「ポジポジ病」になりがちです。私はポジポジ病からは完全に卒業しましたが、この円安株高をただ黙ってみているのはやはり辛いものです。そんなときにアルバイトをしていれば、トレードのことを考えなくてすみますし、生活費の一部を稼ぐこともできるので一石二鳥です。

で、何のアルバイトをしているか? ですが、「塾講師」をしています。会社員時代は企画関連の部署でいわゆるホワイトカラーでした。体育会系タイプでは全くないので、力仕事とか体を動かす仕事はダメです。勉強はどちらかというと得意な方だったので「塾講師」が自分には合っていると思い選択しました。

現在働いている塾は個別指導塾で講師1人にたいして生徒は2、3名。担当制ではないので、固定の曜日でなくても週2~3、1日3時間程度の勤務からOKなのです。雰囲気も悪くなくてとても働きやすい職場です。時給は2,300~2,500円(学年により異なる)で、これで月に10万円前後稼ぐことができます。

アルバイトをするようになってから、かなり気分転換ができて精神的にとてもよい状態です。

この他の副業としては、ブログやWEBサイトを運営しています。これについてはまたの機会に書きたいと思います。

コメント