日銀が追加金融緩和決定! ドル円は110円台に 


日銀は31日、金融政策決定会合を開き、マネタリーベースの増額目標を現行の年間60兆~70兆円から、年間約80兆円に増やす追加緩和策を決めた。買い入れの残存期間は7~10年に延長。上場投資信託(ETF託)やJ-REITの買い入れも、保有残高が各年3兆円、約900億円に相当するペースで増額する。需要が軟調で、物価下落のリスクが増大していると判断した。(毎日新聞)

追加金融緩和なしというのが市場のコンセンサスだったので、今回の発表はサプライズでした。ドル円は現在110円台ミドル、日経平均は700円以上の上昇となっています。

ドル円はどこまで上がるかわかりませんが、110円台は円安行き過ぎ感があるので定着しないと予想しています。もう少し値動きが落ち着いたところでドル円を少し売っていくつもりです。とは言え、値頃感での売りは危険なのでロット数はかなり抑える予定です。

スポンサーリンク