今週は様子見 「休むも相場」

先週の「日銀の追加緩和&GPIF(公的年金運用機関)の運用方針変更」により、急速な円安・株高が進んでいます。為替に関してはロングポジションを保有していなかったので全くついていけず見ているだけです。悔しい思いはありますが、慌ててこの水準で逆張りするのは危険だと思い手を出していません。

日銀の追加緩和」と「GPIFの運用方針変更」が同じ日にサプライズ発表されたというのはどう考えてもおかしいです。低迷していた株価を上げるために仕組まれたとしか考えられません。

日経平均

このような相場は、実体が伴わずに無理やり株価が押し上げられた「きわめて不健全」な状態です。したがって、今後株価が急落するなど極めて危険なリスクを抱えた状態だと思います。管制相場に逆らうのは危険ですが、実態の伴わない管制相場は崩壊リスクも大きいということです。

なので、現段階では為替も株もこれ以上の上値追いはしないつもりです。株価に関してはもう少し上がりそうなので、保有株についてはまだ一つも利益確定していません。401Kに関しては、投資信託の半分を定期預金にスイッチングする処置を先ほどしました。

ただ株に関しては、すべての銘柄が上昇しているというわけではなく、この上昇相場の中でも下がっているものも意外とあります。割安感のある銘柄に関しては、買うことを検討していますが、現在株式の保有量が多すぎるので保有株に一部を利益確定してから新しい銘柄を購入する予定です。

今週金曜日にはアメリカの雇用統計があります。結果が良ければ円安へ、悪ければこの円安は一旦頭打ちになるとみています。大きなリスクはとりたくないので、今週は様子見。

こういうときは「休むも相場」こそが大事だと思います。FXをはじめた頃はこれができなかったので、多くの利益をあげていても無理にポジションをとって結局損失をだすということをしていました。今は休むことができるようになったので、以前より利益は減りましたが損失も減りました。私にとっては現在のスタイルのほうが精神衛生上よいので今後もこのスタイルでいくつもりです。

株式FX
スポンサーリンク
専業投資家の投資生活雑記帳

コメント